自然保護への貢献 – それぞれの役割

人間の利己心は地球に大きな影響を与えています。前世紀と比べて自然がどう変化していったかを観察すれば、人間が地球にどのような影響を与えてきたか一目瞭然です。工業化が進む前、人間が与えた環境への影響はそれほど大きなものではありませんでした。しかし、時が経つにつれて私たちは広大な土地を占領し、さまざまな動物の繁殖が困難になりました。

環境保全はすべての人たちにとって重要な問題です。適切な対処なしでは、今後さまざまな悪影響が出てくる恐れがあります。例えば今現在、夏の気温は上昇してきています。

氷山が解け続ければ今後水面が上がり、海岸沿いの都市は水没してしまうかもしれません。大企業や業界全体が立ち上がって、責任を持って問題に取り組む必要があります。しかし、私たち個人にもできることがない、というわけではありません。環境問題への意識を高め、私たちの大切な自然を保護するために、1 人 1 人が自分の役割を果たすことが非常に重要です。

教育

 

誰かがごみをポイ捨てしている場面に遭遇したとします。もしその人が、なぜそれが環境に悪影響を与えるのか理解していないようでしたら、叱るのではなく、その理由を教えてあげましょう。このような行為が続くと将来どのようなことが起こりうるか、すべての人が知っておくべきです。

リサイクル

リサイクル可能な素材は数多く存在しているにも関わらず、多くの人がそれを単なるごみとして自然界に捨ててしまっています。再利用可能な商品を購入し、使用後はリサイクル専用の指定された場所へ出すよう心がけましょう。

水質保全

化学物質が含まれた家庭用品を購入する際は、有害な物質を含有していないかどうか確認してください。どうしてもそれが避けられない場合は、海や川へは流さないようにしましょう。大切な野生動物に危害を与えてしまう恐れがあります。

節電

温室効果ガスの排出の影響は、誰もが意識するべき重要な問題です。悪影響を少しでも抑えるために、省エネ性能の高い製品を使用しましょう。 LED 電球など、さまざまな優れた製品が販売されています。

節水

蛇口をひねれば無限に水が出てきますが、好きなだけ無駄に使っていいというわけではありません。使われなかった水は再利用されますが、そのプロセスには時間とエネルギーがかかります。また一部の排水は海へと流されていきます。

自動車から自転車へ

自動車は確かに便利ですが、ガソリンは環境に悪影響を与えます。最近どんどん交通渋滞がひどくなっていることにお気づきですか?車に乗る人は増えてきているにもかかわらず、ガソリンの供給量はどんどん減ってきています。ガソリンは自然を破壊するだけでなく、コストも莫大です。自転車は環境に優しいだけでなく、とても楽しい交通手段です!